遺産が未分割の場合の相続税の申告って?

遺産が未分割の場合の相続税の申告って?

遺産が未分割の場合の相続税の申告って?

こんにちは、福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

相続が発生した場合、その開始の日から10ヶ月以内に相続税の申告・納付をしなければなりません。相続が発生したら、被相続人(亡くなった人)の財産は、相続人全員の共有状態となります。そこで、そうような共有状態になっている財産を各相続人に分割していく方法のことを遺産分割といいます。この遺産分割がスムーズに済むと相続税の申告もスムーズにできるのですが、実際は、この遺産分割がなかなか終わらないといったことがよくあります。つまり、遺産が未分割という状態ですね。

このような状態で相続税の申告期限が来てしまった場合、つまり、遺産が未分割の場合の相続税の申告はどのように行っていくのか?そうすることによるデメリットは?ということをまとめてみました。

遺産が未分割の場合の課税関係

遺産が未分割の場合、未分割財産については、法定相続分の割合で相続したものとして課税価格を計算することになります。そのため、相続開始から10ヶ月以内に遺産の分割が終わっていなかった場合でも、その期限内に相続税の申告・納付をしなければなりません。

その後、未分割遺産の分割が行われた時は、その分割した財産に応じて相続税を計算し直し、各相続人の相続税額に増減が生じた時は、修正申告や更正の請求をしていくことになります。

そのデメリットは?

未分割遺産に対しては、「配偶者に対する相続税額の軽減」及び「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」を適用することができません。
場合によっては、この2つの制度は、かなり相続税の減額効果を有するものです。
そのため、遺産が未分割の場合、相続税を多く払わなければいけないという可能性があります。

でも3年以内なら・・・

相続税の申告期限までに、遺産の分割が終わらず上記の2つの制度が適用できなかった場合でも、原則として、相続税の申告期限から3年以内に分割されれば、相続税の更正の請求を行うことにより「配偶者に対する相続税額の軽減」及び「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」を適用することが可能となります。

相続をケースバイケースであり、様々な規定や特例が用意されています。そして、それらを適用すれば相続税が大きく減少することも十分あり得ます。
そのため、気になることや・分からないことなどは専門家にご相談下さい。

  • お問い合わせはこちら
Top