マイナンバー制度 ~業務フロー構築における注意事項~

マイナンバー制度 ~業務フロー構築における注意事項~

マイナンバー制度 ~業務フロー構築における注事項~

今日の沖縄の湿度83%・・・髪がくるくるです。

沖縄ではなく、福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

さて、H28年1月より開始されるマイナンバー制度。企業は、それに対応する業務フローを構築する必要があると考えられますがその際に、下記の4点に抵触しないか確認しながら業務フローの構築を進める必要があります。

 確認事項NG例
目的外利用の禁止マイナンバーを社員番号・従業員番号として利用する。
提供の求めの制限グループ会社間で従業員が異動するので、会社間でマイナンバーを移動する。
本人確認の措置通知カードの住所と顔写真付きの身分証明書(免許証・パスポート)の住所が違っていた。
情報セキュリティの管理マイナンバーが記載された書類等を机の上に置いておく。

もうマイナンバー制度の開始まであと7ヶ月をきりました。
適切な「業務フロー」を構築していきましょう。

  • お問い合わせはこちら
Top