マイナンバー制度 ~情報の一元管理~

マイナンバー制度 ~情報の一元管理~

マイナンバー制度 ~情報の一元管理~

今年は西日本は猛暑のようですね。福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

社会保障・税・災害分野について1つの個人番号で管理する新制度であるマイナンバー制度が2016年1月より開始されます。

具体的には2015年10月に住民票を基にした個人番号を国民に通知。2016年1月から番号情報が入ったICチップを埋め込んだ顔写真付きの個人番号カードを配布し、マイナンバー制度の運用が開始されます。

では、マイナンバー制度により、どのような番号が一元管理されるかというと
・税金の個人番号
・住民票コード
・運転免許証
・パスポート番号
・年金基礎番号
・健康保険被保険者証記号番号
・介護保険被保険者番号
・児童手当整理番号
・雇用保険被保険者番号
等が個人番号という一つの番号で管理されることになります。

その結果、個人番号を会社等に提供することにより、社会保障や税の申請手続が大幅に簡略化されることになります。

ただし、このような様々な情報を管理する個人番号(マイナンバー)であるため、それを提供される企業はそのセキュリティ対策の強化が必須になってくるのは言うまでもありません。

  • お問い合わせはこちら
Top