社会保険料と所得税の相関関係

社会保険料と所得税の相関関係

社会保険料と所得税の相関関係

皆さん、こんにちは。

福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

今回は社会保険料所得税についてお話しさせていただきたいと思います。

社会保険料と所得税、これらはどちらも皆さんの給料から差し引かれているものですが、実はこれらにはある相関関係があります。どういうことかというと、社会保険料の負担が増えれば所得税は減少し、逆に社会保険料の負担が減れば所得税は増加するという関係にあります。

 

例えば、

役員報酬1,000万円の社長に全く社会保険料がかかっていなかった場合(これはダメですが)

所得税110万・住民税85万

役員報酬1,000万円の社長にちゃんと社会保険料(約115万)がかかっていた場合(こっちが通常です)

所得税85万・住民税64万

このように、両社は、社会保険料が増加すれば、所得税・住民税は減少するという相関関係にあります。

そのため、安易に社会保険料対策等をして、毎月の差し引かれる社会保険料が減ったからといって喜んでいると、年末調整や確定申告でドカッと所得税を持っていかれたりする可能性もあります。もちろん逆も然りです。

特に、家を買った方、医療費が多かった方等、税金に大きく関係する方は注意が必要です。

社会保険労務士と共同で、二つの観点から対応いたしますので、何かご相談等ありましたら気軽にお問い合わせ下さい。

  • お問い合わせはこちら
Top