前妻の子や連れ子って相続人になるの?

前妻の子や連れ子って相続人になるの?

前妻の子や連れ子って相続人になるの?

こんばんは、福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

相続の実務において問題となりやすい、「被相続人に前妻とその子供がいた場合にその子は相続人になるのか?」また、「再婚した場合の連れ子は相続人となるのか?」というところについてお話していきたいと思います。

前妻の子は相続人になるのか?

結論から言うと、前妻の子は実の子ですので相続人になります。
そのため、相続が発生した際には、遺産分割協議に参加してもらい、遺産分割協議書の内容に合意して署名押印してもらわなければなりません。
また、前妻と離婚した後、再婚し相続が発生した場合等には、「前妻の子ではなくその配偶者や子に全財産を遺していきたい。」と考えることも少なくないかもしれません。その場合は、事前に遺言を作成しておく必要があります。
ただし、前妻の子が納得いかずに遺留分減殺請求をしてきたときには遺留分については前妻の子へとなります。

連れ子は相続人になるのか?

こちらは相続人になりません。被相続人の実の子ではないからです。そのため、連れ子は被相続人の財産を相続できません。

ただし、被相続人と連れ子が養子縁組をすれば、法律上の親子になるので相続人になることができます。

その場合、相続税の計算上の法定相続人の数に含まれることになるので、1人あたり600万円の控除を受けることができます。

また、相続人の中に養子がいる場合の相続税の計算については、被相続人に実子がいれば養子のうち1人だけ法定相続人の数に含めることができ、被相続人に実子がいなければ2人まで法定相続人の数に含め控除を受けることができることになっています。

しかし、配偶者の連れ子を養子にした場合は、連れ子を何人養子にしたとしても、すべて法定相続人の数に含めることができ1人あたり600万円の控除を受けることができるのです。

まとめ

①前妻の子は相続人になる

②連れ子は相続人にならな

③連れ子を養子にした場合は、すべて法定相続人の数に含めることができる

意外と知っているようで知らない、あんまりないようでけっこうあるケースです。そして、どちらも相続人になるかならないかで相続税はもちろん相続をスムーズにできるかに大きく影響してきますので注意が必要です。

 

  • お問い合わせはこちら
Top