相続開始後のタイムスケジュール

相続開始後のタイムスケジュール

相続開始後のタイムスケジュール

輪ゴムってお札を束ねるために作られたものらしいですね。
こんばんは、福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

相続が発生した場合、その開始の日から10か月以内に相続税の申告・納付をしないといけません。
そこで、相続税の申告期限までにやっておくべきことをまとめて余裕をもって申告できるように準備しておきましょう。

相続は誰かが亡くなった時から開始されます。そして、亡くなった方のことを被相続人といいます。
以下が相続開始後のタイムスケジュールです。

日程対応項目留意事項
相続開始
・被相続人の死亡
・葬儀
・遺言の有無の確認
・遺産(財産・債務)の概要把握
・死亡届の提出(7日以内)
・葬式費用の領収書等の整理・保管
・家庭裁判所の検認・開封
3か月以内・相続の放棄または限定承認
・相続人の確認
・家庭裁判所へ申述する
・戸籍謄本等の収集
4か月以内・被相続人に係る所得税の申告・納付期限(準確定申告)
・遺産(財産・債務)の調査・評価
・遺産分割協議書の作成
・各相続人が取得する財産の把握
・未分割財産の把握
・被相続人の死亡した日までの所得税を申告
10か月以内・納税資金の検討
・相続税の申告・納付
・物納や延納の検討
・相続人全員の署名捺印された申告書を作成
・被相続人の住所地の税務署へ申告
1年以内・遺留分の減殺請求の期限

気をつけていただきたいのは、申告先は相続人の住所地ではなく、被相続人の死亡時の住所地の所轄税務署となります。
また、遺産額が基礎控除額以下の場合は、相続税の申告書を提出する必要はありません。

他にも、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。

 

  • お問い合わせはこちら
Top