相続対策 ~保険の活用~

相続対策 ~保険の活用~

相続対策 ~保険の活用~

牛乳は夜飲むのが一番カルシウムを吸収するらしいですね。

福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

相続税対策として保険(生命保険)というツールはとく使われます。

ただ、生命保険の課税関係はその契約の仕方により異なるため、保険に加入する前からその課税関係について理解しておくことが重要と言えます。

 被保険者保険料負担者受取人課税関係 
相続税
贈与税
所得税

上の表の様に、保険はその契約の仕方によって相続税、贈与税、所得税が課税される場合があります。

(1)についてですが、生命保険の受け取り金、つまり、死亡保険金には、非課税枠(税金がかからない枠)が設けられています。
死亡保険金を受け取ったのが相続人である場合、

非課税枠=500万×相続人の数

という計算式で非課税枠が計算されます。
仮に、相続人が4人の場合は

500万×4人=2000万

ということで、死亡保険金の受取人が1人の場合、その人は、相続財産のうち2000万までは相続税がかからないという事になります。

(3)については、受取人の子が自ら保険料を負担することとなるため、この時の死亡保険金には所得税が課税されます。ただし、死亡保険金は、「一時所得」として、通常の税率の約2分の1の税率となっているため、支払った保険料との差額で計算される一時所得の税金負担はそんなに大きくないと考えられます。

さらに、(3)に贈与を組み合わせた相続対策がありますがそれはまた別の記事で詳しくお話ししていきたいと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top