相続税法改正 2015年1月~

相続税法改正 2015年1月~

相続税法改正 2015年1月~

栄養素がないと有名なきゅうりも実は高血圧予防の効果があるみたいですね。

福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

2015年1月より相続税法が大幅に改正されました。このことにより、相続税の納税対象者が約2倍になったと言われています。

どういうことかというと、そもそも相続税は一定の財産以上を保有している人にしかかからない税金なのです。

今回の改正では、その「一定の財産」が変わりました。

基礎控除・・・この金額までの財産は相続税はかからない部分

5000万 → 3000万

法定相続人・・・法定相続人1人あたりにつき一定金額までは相続税はかからない部分

1000万 → 600万

つまり、今回の改正により、相続税のかからない財産の金額が今までの「6割」になりました。

従来までは、法定相続人が3人いた場合

8000万の財産までは相続税がかからなかったケースでも、2015年1月からは、それが4800万になりました。

この結果、相続税の納税対象者が今までの約2倍に!

そのため、相続は自分には関係ないと考えている方も、もしかしたら納税対象になるかもしれません。どのような財産を保有しているのか、それはどのくらいの評価額なのかという事を把握しておくことは大事だと言えます。

 

  • お問い合わせはこちら
Top