贈与と保険による節税

贈与と保険による節税

贈与と保険による節税

どうでもいいですけど、ゴキブリの元の名はゴキカブリらしいですね。
こんにちは、福岡の公認会計士・税理士の甲能です。

以前、「相続対策 ~保険の活用~」の記事でご紹介しました生命保険の活用のお話しですが、生命保険の課税関係はその契約の仕方によって異なるというものでした。以下がその契約と課税関係です。

 被保険者保険料負担者受取人課税関係 
相続税
贈与税
所得税

ここで(3)の、被保険者は「父」のものの、保険料負担者、保険金の受取人が「子」の場合は、「一時所得」として所得税がかかってくることになります。そのため、受け取った保険金と支払った保険料の差額の2分の1に対して所得税がかかってくることになります。

贈与による保険料の支払

ここで、「父」の相続財産から「子」へ贈与し、「子」の支払う保険料については、その贈与された財産により支払うことにするとどうでしょうか? 「父」の相続財産は減少するし、「子」については、その贈与された自身の財産から保険料を支払うことになるので、保険金を受け取った場合も「一時所得」として低い税率での取扱いとなります。その計算方法も

「{(受取保険金の額-支払った保険料)-50万円}×1/2」

として計算されたものに税金がかかってくるということになります。
そのため、場合によっては、非常に有効な節税対策となります。また、贈与した額をそのまま保険に充当することによって、「子」に、多額の贈与をすることによる金銭感覚の狂いという問題も解決することができます。

ただ、この場合は「父」から「子」に贈与する贈与金額によっては、多額の贈与税が発生することになるので、その点は留意する必要があると言えます。

  • お問い合わせはこちら
Top